2018年06月16日

★今年初の紀州釣り 和歌山北港魚釣り公園

15日紀州釣りに幼馴染の元校長A君と公園に
下津ピアーランドに予定してのだが、どうも金網目で下が丸見えの釣り座が気持ち悪いしコンクリの公園に変更。
田ノ浦は釣り座狭いしギャラリー無駄に多いし、青岸、水軒はグレなさそうだし、和歌浦は論外、マリーナは風が吹くとまともやしで初心者のA君にも優しく遠投必要なくちょい投げOK。ただし料金は法外、65歳以上は駐車料金無料だが2人で約3千円は取りすぎやろ。
マックスでヌカ混ぜ合わせる。」本日はヌカ砂、グレ遠投、麦、アミエビ配合。エサ取り対策で生にボイルM用意する。竿チヌ06リール安物レバーブレーキなし、ハリス1号針グレ6号2ヒロ。
サルカンの上にいつもは絡み防止のゴム管付けてたのをウキ止め糸にする。これで完全に浮きの糸がらみなしでした。
5時半着で3番の左側に入り開始。下げ潮が始まり左流れの急流。いつものことでガシラ、A君25cmグレ、ワテ30cmチヌ。
増々超急流でエサも瞬殺。お隣の2人組はゴカイの早合わせでハゲを結構釣っている。ゴカイは持参してないし、元々苦手なエサ。ましてゴカイで早合わせなんぞやったことないし。でもハゲ釣りたいなー。
干潮底の時間でやっと潮が緩みチヌ35、40cm追加。
ここは潮がたるめばなんとかなる釣り場を証明。
A君はその機会トラブル続きでチャンス逃す。
もう少しグレ釣りかったが自然相手なのでこんなもの。
いちいち反省などしないことにしてる。



Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 18:27│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。